FC2ブログ

第137回3級本試験非公認分析第1問

1.当座借越勘定の貸方に80,000の残高があります。当座借越の残高があれば、まず当座借越をゼロにしてから、残額を当座預金勘定にします。
小切手は「現金」になります。
2.貯蔵品勘定を使うか、費用勘定を使うか2つの方法がありますが、選択肢に貯蔵品がないので、費用勘定(租税公課、通信費)を使います。
3.減価償却は定額法、間接法なので、売却時の備品減価償却累計額は240,000、
簿価は360,000なので、60,000の売却損となります。
4.割引料は手形売却損。基本問題。
5.仮受金230,000の残高があるので、実際の勘定に振り替えます。

ほかの簿記情報はこちら

試験情報はこちら
スポンサーサイト




にほんブログ村 資格ブログ 簿記検定へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

簿記学校非公認

Author:簿記学校非公認
簿記学校へ入校
掲示板への投稿、削除依頼は
当ブログとは一切無関係です。
当ブログに関する掲示板の内容は
全く根拠のない嘘出鱈目です。
虚偽の内容を投稿する行為、
掲示板の内容を鵜呑みにして
虚偽の告発をする行為は
犯罪に該当する場合があります。

最新記事
カテゴリ
にほんブログ村ランキング
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アンケート
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる